あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

医師の転職は恥ずかしくない―医師が転職を考える理由まとめ

 

医師の転職は珍しいことではない


転職というものに抵抗感を持つ世代は、今や少しずつリタイヤし現場から距離を置きつつあります。
逆に現在では、転職することには問題はなく、むしろ正しい選択のケースもあると考える人たちが、現役世代としてこの日本社会を支える状況に移ってきているのです。
もはや医師の転職は決して珍しい現象ではなく、むしろキャリアアップや収入アップ、新たな分野への挑戦などのために転職を考え、実行に移す医師も非常に多くなっています。

医療業界はそうした一般的な社会人とは少し異なる慣習や価値観を持つ人が未だ健在ではあるものの、それでも以前よりもずっと転職しやすくはなっているでしょう。

医師の主な転職理由


では、医師が転職を検討し始める時、その背景にはどのような動機があるのでしょうか。

当然ながら医師によって転職理由やそこに至るまでの動機・過程は異なるものですが、医師が転職を考える主な理由を知っておくことで、「自分だけではない」という意識を持つことができるはず。
この意識が背中を押してくれるケースはしばしばあるでしょう。

医師の転職が決して珍しいことではなくなってきた今、他の医師がどのような考え方を持ち、どのような未来を見据えているのかを知ることは、自身の今後のキャリアや行動にも影響を与えるはずです。

年収を増やすため


医師の転職理由で非常に多いのが、「年収を増やすため」というもの。
これは一般社会にも通じるものがありますが、医療業界の転職事情や転職市場というものをあまり知らない医師が思っている以上に、この理由で転職を考える医師は多いはず。

医師は非常に過酷な職業であるものの、それに見合った報酬を受け取ることができていないと考える医師は少なくありません。
平均収入額で見れば一般サラリーマンよりもはるかに上回りますが、それ以上の精神的・肉体的負担が大きいわけですから、もし収入額に不満があれば転職を考えるのは当然のことなのかもしれません。

人間関係・環境への不満


これも一般企業に勤めている人にもありがちな転職理由である、人間関係や職場環境への不満を発端とした転職の検討。
医師にとっても他人事ではなく、これを理由に転職を決意する人は非常に多くなってきています。

特に医局に勤める医師は、この動機による転職者が多く、近年急増中。
大学病院独特のヒエラルキーが、時代に合わなくなってきている点は否定できません。

過酷な労働環境から脱するため、あるいは、さらに働きやすい職場環境を求めるために転職する医師も多くいます。
心や体が壊れる前に転職することは賢明な判断であり、こちらも今後さらに増えていくのではないでしょうか。

専門分野を研究するため


現在勤めている病院では、自らが望むような知識や技術は習得できないと考えれば、転職をし専門分野をさらに極めるという選択肢が当然出てくることでしょう。
こちらも、代表的な医師の転職理由の一つとなっています。

病院ごとに導入している設備やシステムも異なれば、受け入れている症例も異なります。
他院を眺めてみた時、「専門分野を追求するにはここにいてはダメだ」と考えることも自然なこと。

また、新たな分野に興味を持ち、転科のために転職する医師も少なくありません。
このような理由での転職も、今では決して珍しいものではなくなってきているのです。