あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

医師転職を失敗しないための3つのポイント

転職サイトでコンサルタントに相談するのがベスト


転職が成功するか、それとも失敗するか。
その重要なキーを握っているのは、転職サイトやエージェントに所属するキャリアコンサルタントと呼ばれる人たちです。

能力を持った医師であっても、転職活動に関するノウハウを持っておらず、そのために最適な活動が展開できなければ、その能力を十分に活かすための転職はできないでしょう。
逆も然りです。
今現在はさほど実績を有していなかったとしても、有能なコンサルタントと二人三脚で転職活動へと望めば、理想かそれ以上の転職ができる可能性が高まるのです。

コンサルタントは転職活動のスペシャリスト。
特に医療系コンサルタントは、各病院や診療所との繋がりも強く、また、業界特有の価値観や流行り、慣習といったものも把握しています。
医師がこれまでの仕事で触れることのなかったこうした業界事情や転職市場、そこから生み出されるノウハウなどをコンサルタントに補ってもらうことができれば、スムーズに且つ納得できる転職が実現するはずです。

特別な理由がない限りコンサルタントへの相談を避ける必要はなく、むしろ、転職サイト等を通じてコンサルタントに相談することがベストな活動方法となるでしょう。

必ず職場に行って雰囲気を確認する


条件や症例、設備などを求人等でチェックし、非常に良い印象を持った病院や診療所があった場合、早めに応募してしまいたくなる気持ちはわかりますが、その前に必ずその医療機関へと足を運ぶことを徹底してください。

これから住もうという家を内見せずに契約する人などほとんどいないはず。
ましてや医師は家よりも職場で過ごす時間の方が長くなるケースもあるわけですから、一度も足を運ばずに応募することなど有り得ません。

現場の雰囲気は、その場に行かなければわかりませんし、医師や看護師、職員、患者と直に接することでしかわからないことも多々あります。
活気があるのか、笑顔があるのか、暗い雰囲気なのか、清潔感はあるのか・・・
これらのことは求人にも現れませんし、コンサルタントの話だけでも不十分な点があるので、気になった医療機関へは必ず一度は赴き自分の目で確認をしておきましょう。

知人の紹介の場合も必ず労働環境などの下調べをする


転職先を知人や友人、医師仲間から紹介してもらうケースもあるでしょう。
その場合であっても、必ず自らの目で確かめられる部分に関してはチェックしておかなければいけません。
信頼度と価値観は全く別のものだからです。

いくら信頼度の高い知人であっても、その人と自身の価値観は、別の人間である以上同じであるはずがありません。
「とても良い労働環境だ」と説明を受けていたが、いざ転職してみたら、むしろ労働環境は最悪だったというケースも出てくるでしょう。

紹介による転職は否定しませんが、最終的には自らの目で見て納得した上で転職先を決めること。
これは転職に失敗しないための重要なポイントです。

ネットなども駆使し、また、知人の紹介であってもコンサルタントに相談をしてみるなど、下調べを徹底しておきましょう。
その手間が、転職を成功へと導くことを認識しておかなければいけません。