あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

【医師の転職方法】専門を追求するためのベストな転職方法

専門分野を追求するなら学会に出席しよう


特定の分野や領域、さらに言えば技術や知識などを共有するための学会。
医師はしばしばこうした場へと足を運び、自らの研究や実績に関する成果を発表しています。
あるいは、学会へと参加はするものの、結果や成果を自らの知識として蓄えるのみという医師もいるかもしれません。

医師は専門分野をどれだけ追求できるかがキャリアの形にも影響を与えますが、もし特定の分野・領域を極め患者により良い医療を提供したいと考えるのであれば、積極的に学会へと参加すべきです。

医療の世界では、新たな技術や研究結果及びデータなどが次々と生み出され、また、飛び込んできます。
メディカルオンラインなどネット上で論文を確認する事も出来ますが、学会ならではの活きた情報もあるでしょう。
学会へと参加しなければ、そうした情報等と距離ができてしまい、患者の望むような診療を行うことができません。

学会へと参加するメリットは他にもあります。
頻繁に参加することで、あるいは発表を行うことで転職を優位に進めることもできるのです。

知らない医師・病院経営者とのパイプができる


学会は、自らの研究成果を多くの人に知ってもらい、また、他の医師の研究成果を手に入れることで知識や技術を深める、あるいは高めることに寄与します。
それと同時に、普段は出会うことが難しい医師や病院経営者との繋がりを持つことも可能となるのです。

実際に学会へと参加したことのある医師なら、このメリットは十分に感じているはず。
名刺や連絡先の交換をすることも、すでに経験しているかもしれません。
これは、使いようによっては転職に非常に役立たせることができます。

転職とは、いわば出会いです。
新たな職場と出会うことで、自らの身をその新たな職場へと移しキャリアを積み上げていく。
これが転職なわけですが、その新たな医療機関との出会いは、何も求人サイトの中にのみ存在しているわけではありません。
人と人との繋がりこそ出会いなわけですから、学会へ参加することで新たな医師や病院経営者とのパイプができれば、そこから転職先の選択肢を増やすことも十分に可能となるのです。

直接アプローチをする


学会で築いたパイプの有効性は、直接アプローチできる点にあります。
求人サイトや転職サイトを利用した出会いでは、サイトやコンサルタントを通じたアプローチとなり、どうしても間にワンクッション入ることになるのです。

学会で直接他の医師や病院経営者と知り合うことができれば、自らの能力や実績を自らの口で直接伝えられるため、相手の抱く興味や関心も、サイトやコンサルタントを通じたものとはまるで変わってくるでしょう。
「では、一緒にやってみましょうか」という言葉を受け取れるかもしれませんし、ヘッドハンティングにも似た「一緒にやってみませんか」という言葉ももらえるかもしれません。

こうした形を作り上げられれば、より専門性を追求するための転職ができるはず。
出会いを無駄にせず、活用できるものは全て転職活動に生かす意識を持っておきましょう。