あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~
  1. ホーム
  2. 医師の転職方法

【医師の転職方法】医師転職サイトを使うメリット・デメリット

プロのコンサルタントに相談できる


医師を対象とした転職サイトの存在を知っているでしょうか。
転職を意識し、そのための情報を集めている人であれば、そのようなサイトが複数存在していることは把握しているかもしれません。
しかし、それでも利用を迷っているとすれば、その時間こそがムダなものであると認識すべきでしょう。

医師専用の転職サイトを活用することには、大きなメリットがあります。
何よりも、プロのコンサルタントに相談できる点、これは転職成功の鍵を握っていると言っても過言ではないほどの重要なポイントとなるはずです。

プロのコンサルタントは、転職活動や転職市場そのものに精通しているだけではなく、医療業界の知識も多く持ち合わせ、各医療機関とのパイプも構築し、あらゆる角度から医師の転職をサポートしてくれる存在となり得ます。
転職するか否かの相談にも乗ってくれるため、どのタイミングで利用しても、必ずその時点でのベストな選択をすることに貢献してくれるでしょう。



自分に合った医局を探しやすい


医師としては優秀であっても、自身のその能力が最も発揮される医療機関を見つけられるとは限りません。
むしろ、数多ある医療機関から、自分に合った医局等を見つけるのは至難の業でしょう。

その困難な医療機関の情報収集や選択をサポートしてくれるのも、医師専用の転職サイトであり、プロのコンサルタントです。
どのようなキャリアを歩みたいのか、どのような技術を持っているのか、転職先に何を望むのか。
こうしたことを総合的に判断しながら、それぞれの医師にベストな選択肢を提供してくれます。

「どんな医療機関が自分に合っているのかすらわからない」、そんな悩みを持つ医師にも、丁寧に対応し確実に求人を紹介してくれるのが転職サイトという存在です。
求人を出している医療機関は決して少なくありません。その中から納得のいく転職先を見つけ出すためには、転職サイトの有効活用が必須となることは間違いないでしょう。



転職サイトが多いので良し悪しの見極めが重要


医師専用の転職サイトを活用することで多大な恩恵を受けることができますが、ただ、注意点もあります。
近年では転職する医師が増えてきているため、医師専用の転職サイトも急増しているのです。
つまり、求人や医療機関よりも前にサイトそのものの良し悪しを見極め選択することが重要になってくるということ。

ネットでの評判を確認することや、複数のサイトに登録し実際にコンサルタントに相談してみる作業を怠らないようにしてください。
最初から一つのサイトのみを使用するのは危険。
面倒かもしれませんが、幾つかの転職サイトを併用し、その中からまずは自分と相性の良さそうなサイトやコンサルタントを選択することから始めましょう。

これが、医師転職サイトを利用することで生じるデメリットの払拭へと繋がります。

【医師の転職方法】医師の紹介による転職のメリット・デメリット

紹介はスムーズに転職が決まる


同僚の医師、医局の先輩や上司、学生時代一緒だった医師など、知り合いの医師の紹介で職場を移るという形での転職も、選択肢の一つとしては考えられるでしょう。
すでにそのような話が進んでいる医師もいるかもしれませんが、確かにこの形での転職は、非常にスムーズに物事が進むという点に大きな利点があります。

転職サイト等を間に挟まず、その代わりに仲介してくれるのは知り合いなわけですから面談の調整などもスムーズですし、お互いを理解するスピードも、求人やコンサルタントなどを介すよりも圧倒的に早くなるでしょう。
面談したその場で採用が決定することも少なくありません。
そこで希望条件や待遇等の擦り合わせが行われ、お互いに納得することができれば、採用を即決してもらうことも可能なのです。

転職にスピード感を求める、あるいは様々な手間を省いて転職活動を進めていきたいのであれば、確かに医師の紹介による転職にはメリットが大きいと言えそうです。

求人にない情報が得られる


顔の知っている医師からの紹介で転職するメリットはスピード感以外にもあります。

医師であっても、転職しようと思えば、転職サイトなどで求人を確認し応募するケースがほとんど。
各転職サイトなどに属するコンサルタントから紹介するケースも含め、多くの医師の転職が求人案件の紹介から始まることは間違いありません。
医師からの紹介はそもそも求人という概念から離れたところにあり、それを介さずに医療機関の情報が得られるため、求人とはその情報の質が全く異なります。
ここに大きな利点があるのです。

医療機関の現状、内情、症例内容、探し求めている人材、空いているポスト、人間関係や職場環境、こうした情報を求人以上に獲得することができ、それと同時に求人にはない情報も得ることができます。

自身のことをある程度知っている人物からもたらされる情報は、自身のことを全く知らないコンサルタントからの情報よりも、有益性が高いとも言えるのではないでしょうか。

紹介された医局が自分に合わなくても簡単に退職できない


メリットがある一方で、紹介による転職のデメリットについても把握しておくべきです。

仮に紹介された先へと転職したとしても、実際に働いてみなければ、自身との相性はわかりません。
もし相性が悪かった場合、転職サイトやコンサルタントを通じて転職したのであれば再転職という選択肢も出てくるかもしれませんが、紹介で入局した場合、退職するためのハードルは非常に高くなってしまうでしょう。

紹介してくれた人物を裏切ることにもなりますし、その人のメンツを潰すことにもなりかねません。
紹介元と紹介先の関係悪化の懸念も生じます。
容易に退職できない、あるいは退職後の関係性の悪化なども考えると、紹介による転職も慎重にならざるを得ないでしょう。



【医師の転職方法】専門を追求するためのベストな転職方法

専門分野を追求するなら学会に出席しよう


特定の分野や領域、さらに言えば技術や知識などを共有するための学会。
医師はしばしばこうした場へと足を運び、自らの研究や実績に関する成果を発表しています。
あるいは、学会へと参加はするものの、結果や成果を自らの知識として蓄えるのみという医師もいるかもしれません。

医師は専門分野をどれだけ追求できるかがキャリアの形にも影響を与えますが、もし特定の分野・領域を極め患者により良い医療を提供したいと考えるのであれば、積極的に学会へと参加すべきです。

医療の世界では、新たな技術や研究結果及びデータなどが次々と生み出され、また、飛び込んできます。
メディカルオンラインなどネット上で論文を確認する事も出来ますが、学会ならではの活きた情報もあるでしょう。
学会へと参加しなければ、そうした情報等と距離ができてしまい、患者の望むような診療を行うことができません。

学会へと参加するメリットは他にもあります。
頻繁に参加することで、あるいは発表を行うことで転職を優位に進めることもできるのです。

知らない医師・病院経営者とのパイプができる


学会は、自らの研究成果を多くの人に知ってもらい、また、他の医師の研究成果を手に入れることで知識や技術を深める、あるいは高めることに寄与します。
それと同時に、普段は出会うことが難しい医師や病院経営者との繋がりを持つことも可能となるのです。

実際に学会へと参加したことのある医師なら、このメリットは十分に感じているはず。
名刺や連絡先の交換をすることも、すでに経験しているかもしれません。
これは、使いようによっては転職に非常に役立たせることができます。

転職とは、いわば出会いです。
新たな職場と出会うことで、自らの身をその新たな職場へと移しキャリアを積み上げていく。
これが転職なわけですが、その新たな医療機関との出会いは、何も求人サイトの中にのみ存在しているわけではありません。
人と人との繋がりこそ出会いなわけですから、学会へ参加することで新たな医師や病院経営者とのパイプができれば、そこから転職先の選択肢を増やすことも十分に可能となるのです。

直接アプローチをする


学会で築いたパイプの有効性は、直接アプローチできる点にあります。
求人サイトや転職サイトを利用した出会いでは、サイトやコンサルタントを通じたアプローチとなり、どうしても間にワンクッション入ることになるのです。

学会で直接他の医師や病院経営者と知り合うことができれば、自らの能力や実績を自らの口で直接伝えられるため、相手の抱く興味や関心も、サイトやコンサルタントを通じたものとはまるで変わってくるでしょう。
「では、一緒にやってみましょうか」という言葉を受け取れるかもしれませんし、ヘッドハンティングにも似た「一緒にやってみませんか」という言葉ももらえるかもしれません。

こうした形を作り上げられれば、より専門性を追求するための転職ができるはず。
出会いを無駄にせず、活用できるものは全て転職活動に生かす意識を持っておきましょう。