あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

軽視しがちな医師の転職と勤務地の関係について

真面目な医師ほど勤務地を軽視しがちな傾向


自宅から勤務先の病院や診療所まで、どのくらいの距離を想定しているでしょうか。
あるいは、転職先を決める際に、自宅と勤務先の距離をどの程度意識して求人を選別しているでしょうか。

転職先の選別では、給料の額や福利厚生、設備や一緒に働く医師、症例等を優先させ取捨選択をしていくはず。
当然、それらも重要です。
しかし、それだけしかチェックしないのであれば、それは極めて真面目であり、悪い表現をするのであれば“馬鹿真面目である”と言うしかありません。

診療や患者、そして自らのキャリアを真剣に考える真面目な医師ほど、勤務地までの距離など通勤のしやすさを意識しない傾向があるようです。
しかし、この点は働く際に非常に重要なこととなるため、軽々しく考えるべきではないでしょう。

どんなに好条件でも勤務地が遠いのは負担となる


なぜ勤務地が重要なのか。
それは、昔から言われていることわざにも、その理由が隠されています。

“時は金なり”
誰でも聞いたことのあることわざですが、勤務地が遠いことはそれだけ移動に時間を費やすことになり、人生というスパンでものを考えた時には、その毎日の長い移動時間が無駄なものになりかねません。
毎日勤務すれば、通勤そのものを必ず負担として感じることになるでしょう。

何よりも自宅と勤務先までの距離や移動のしやすさを最優先しろとまでは言いませんが、どんなに好条件でも、勤務地まで距離があり移動に長い時間を要するようであれば、その医療機関への転職は慎重に検討すべきです。
場合によっては考え直す必要も出てくるでしょう。

時間だけではなく、どれだけ肉体的あるいは精神的に負担をかけずに通勤できるのかも重要です。
この点も考慮しながら、転職先候補の選別を行うようにしてください。

家庭との両立の面で見ても勤務地は大切


もし独り身であり、また、残業や当直などがなく勤務時間にも比較的ゆとりがあるのであれば、勤務先までの移動時間に1時間や2時間かけることも特に問題とはならないでしょう。

しかし、勤務環境が過酷である、忙しくなることが予想される、何よりも家庭を持っているのであれば、やはり勤務地までの距離は軽視すべきではありません。

通勤時間が長ければ長いほど、家族と一緒にいる時間が削られることになります。
通勤の負担が家族との接し方に悪影響を及ぼす可能性も否定はできないでしょう。

普段の仕事が忙しく、また、比較的規模の大きな病院へと勤めることになれば勤務時間が不規則となることは避けられない医師だからこそ、家庭との両立の面も考え、勤務地に関しても疎かにすることなく転職先の選別のための一要素として加えておくべきなのです。

距離感や交通手段とともに、公共交通機関や道路にどれだけの混雑が生じるのかなどについても考えるようにしてください。
そうした視点で求人を見ていくことで、より良い転職が実現するはずです。