あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

あなたに合った医師転職~医師の転職理由と転職方法を考えるサイト~

【医師の転職方法】医師の紹介による転職のメリット・デメリット

紹介はスムーズに転職が決まる


同僚の医師、医局の先輩や上司、学生時代一緒だった医師など、知り合いの医師の紹介で職場を移るという形での転職も、選択肢の一つとしては考えられるでしょう。
すでにそのような話が進んでいる医師もいるかもしれませんが、確かにこの形での転職は、非常にスムーズに物事が進むという点に大きな利点があります。

転職サイト等を間に挟まず、その代わりに仲介してくれるのは知り合いなわけですから面談の調整などもスムーズですし、お互いを理解するスピードも、求人やコンサルタントなどを介すよりも圧倒的に早くなるでしょう。
面談したその場で採用が決定することも少なくありません。
そこで希望条件や待遇等の擦り合わせが行われ、お互いに納得することができれば、採用を即決してもらうことも可能なのです。

転職にスピード感を求める、あるいは様々な手間を省いて転職活動を進めていきたいのであれば、確かに医師の紹介による転職にはメリットが大きいと言えそうです。

求人にない情報が得られる


顔の知っている医師からの紹介で転職するメリットはスピード感以外にもあります。

医師であっても、転職しようと思えば、転職サイトなどで求人を確認し応募するケースがほとんど。
各転職サイトなどに属するコンサルタントから紹介するケースも含め、多くの医師の転職が求人案件の紹介から始まることは間違いありません。
医師からの紹介はそもそも求人という概念から離れたところにあり、それを介さずに医療機関の情報が得られるため、求人とはその情報の質が全く異なります。
ここに大きな利点があるのです。

医療機関の現状、内情、症例内容、探し求めている人材、空いているポスト、人間関係や職場環境、こうした情報を求人以上に獲得することができ、それと同時に求人にはない情報も得ることができます。

自身のことをある程度知っている人物からもたらされる情報は、自身のことを全く知らないコンサルタントからの情報よりも、有益性が高いとも言えるのではないでしょうか。

紹介された医局が自分に合わなくても簡単に退職できない


メリットがある一方で、紹介による転職のデメリットについても把握しておくべきです。

仮に紹介された先へと転職したとしても、実際に働いてみなければ、自身との相性はわかりません。
もし相性が悪かった場合、転職サイトやコンサルタントを通じて転職したのであれば再転職という選択肢も出てくるかもしれませんが、紹介で入局した場合、退職するためのハードルは非常に高くなってしまうでしょう。

紹介してくれた人物を裏切ることにもなりますし、その人のメンツを潰すことにもなりかねません。
紹介元と紹介先の関係悪化の懸念も生じます。
容易に退職できない、あるいは退職後の関係性の悪化なども考えると、紹介による転職も慎重にならざるを得ないでしょう。